地下水

地下水と雨

最近私たちが利用することが多くなったミネラルウォーター。
それはつまり地下水からくみ上げられて、売られているものです。
そんな地下水として水が存在するために、どのような方法で蓄えられているものなのでしょうか?

まず最も面積の大きい海から、水が蒸発します。
そしてその他にも川や湖、地表からも水が蒸発します。
蒸発した水は上空へと上がっていき、その途中で空気中の小さな埃と結合し、小さな水の粒へと変わっていきます。
それらがどんどんと結合しあい、やがて雲となります。

さらに成長を続け、雨雲へと発達し雨となって地上に水が降り注ぎます。
その水は一部は川や湖に降り注ぎ、一部は地面にしみ込みます。
地面にしみ込んだ水は、木や草などの植物の根から吸収されます。
植物に吸収されなかった水は、砂や泥などを通って地面の奥深くへとゆっくり向かっていきます。

このとき通る石や砂利、泥などによって、水の汚れは取り除かれて、ろ過されていきます。
やがて到達するのが、地面奥深くに流れる地下水であり、そこに蓄えられていきます。
地下水はゆっくりと地中を移動し、地表に近いところでは川や湖に湧き水として現れたり、井戸水として地上へと出てきます。
しかしもっと奥深くを移動しているものは、海に出て行くものもあります。
また、こちらのウォーターサーバーの解説についての記事も参考にご覧ください。

これらの地下水の動きは非常にゆっくりであり、短いものでも数年地中にとどまります。
オーストラリアにある地下水では、長いもので100万年もとどまっているものもあるそうです。
気の遠くなるような長い時間です。

水蒸気となって蒸発した水は、こうして再び海に戻ってきます。
地下水は無限にあるものではありません。
長い時間をかけて地球がろ過したものです。

今では簡単に手に入っているミネラルウォーターですが、限りある資源であることを忘れてはいけないのではないでしょうか?
むやみに使ってはいませんか?どうせ水だからと簡単に捨ててしまってはいませんか?
このような機会にもう一度考え直すべきことで、そのきっかけになればと思います。
こちらの水とミネラルウォーターについての詳しい解説も参考になります。是非ご覧になってみてください。