水の旅

地球をめぐる水の旅

私たちの住む地球は、宇宙空間から見た写真は本当に美しいですよね。
その姿は青く輝く水に覆われ白い雲が渦巻く、まさに水の惑星とも言える姿です。
私たちに大切な水は、とても多くあると思いがちですが、使用できる水はほんのわずかです。

この地球の地表の3分の2が水で覆われていますが、その97.5%までが海水なのです。
海水は生活水としても、飲料水としても適していない水です。

残りの2.5%の内、北極や南極にある氷河や氷山として約1.75%、地層地下水とよばれる地表から非常に深い場所にある水は、約0.73%。
さらに地球を覆っている水蒸気など、私たちが利用できない状態として存在しています。
そして私たちが利用できる水として、川や湖浅層地下水が約0.01%~0.02%とほんのわずかなのです。

地球を覆っている水はどのような旅をしているのでしょうか?
まず海水や川、陸地など、さらに植物からから水が蒸発し上空へ上がっていきます。
やがて水蒸気は冷やされ空気中にある小さな埃と結合し、やがて雲が作られます。
それがだんだんと大きくなりやがてその重さに耐えられなくなり、雨となって落ちてきます。

このとき上空の温度が低く、さらに地上の温度も低い場合は、雪となります。
地上に降った雨は土の中へしみ込み、砂や岩へ移動しそのさらに地下にある大きな岩石の隙間などを通って、もっと地下深くへ移動する水も一部あります。
土の中へしみ込んでいく水の動きは非常にゆっくりで、動きは緩やかなものです。

これらが地下水となり、地表に近いところにあれば、井戸や湧き水となって再び地上へと姿を現します。
中には川や湖に入っていくものもありますが、最終的には再び海へと帰っていきます。
その流れはそれぞれの土の性質などによって数ヶ月から数百年もかかるものもあります。
地球の表面を覆う雲は常に50%ほどありますが、雨雲はそのうちのわずか3%でしかないのです。
安心安全にお水を楽しむにはウォーターサーバーを利用するのが良いでしょう。

雨雲ではない雲は、その地球から水蒸気が拡散するのを防ぐ役割を持っているといわれています。
地球をめぐる水は今まで地球に水が生まれてから、ずっと循環し続けているものなのです。
その循環する水を汚すということは、私たちに直接跳ね返ってくる、ということになります。
こちらのサイトでは水道水の成分について詳しく解説しています。ご覧になってみてください。